専業主婦だって戦っているんだ!

戦う専業主婦





はじめまして。こいぬママと申します。

「戦う専業主婦!」というブログの管理人をしています。

このブログを開設するに至った理由は色々ありますが、ひとことで言うと「専業主婦って思ってたよりしんどい」ということです。

こう言うと必ず非難してくる方がいます。
「でも自分で決めたことでしょ」
「旦那に養ってもらってるくせに贅沢」などなど…。

はい、そう言われるのも専業主婦がしんどい原因のひとつです!!

指摘されることはだいたい自分でも理解しているんですよね。

旦那に養ってもらってるのに文句言えないよな…とか、仕事をすると家事も育児も両立できないしな…とか。

それでも人間ですから。しんどい時だってありますよね。

愚痴を言いたいこともあります。

専業主婦になって初めて知ったことは他にもあります。

スポンサーリンク


意外と家事にかける時間が無い

これは全くの想定外でした。

子どもが産まれてから毎日まとまった睡眠がとれず、子どもが泣いたらすぐ対応、授乳にオムツ替えうんち漏れや吐き戻しの洗たく離乳食の準備…と、子どもがいるとタスクが無限にあります。

部屋の掃除は最低限、大人のご飯は子どもの機嫌次第。

ようやく子どもを寝かしつけた後も夜泣きでいつ呼び出されるかわからない。

毎日このような状態で、専業主婦になったら力を入れたかった家事にまで手が回らないのが現状です。

起きている間は90%子どもの相手が必要

専業主婦も育児は大変

子どもって、誰でも一人遊びができるものだと思っていました。

ご飯の準備や家事をしている間、子どもはお気に入りのおもちゃでご機嫌に遊んでいる…それが普通だと思っていました。

が、現実は違いました。

少し目を話したら危険なことをする。

洗面所や台所に行くとこの世の終わりのように泣き叫ぶ。

テレビやスマホを見ようとしたら妨害してくる…等々、子どもが一人で遊ぶことはほとんどありません。

とにかく一緒に遊んでアピールがすごいんです!

よくテレビのつけっぱなしやスマホ育児は問題だと言われますよね。

うちはテレビやスマホに頼りたくてもできません。

疲れたときはテレビやスマホを見せて休憩したいけど、子どもはどんどん他の遊びをしようと誘ってきます。

なんなら早朝から外に出たいとアピールすることもあります。

専業主婦って時間あるからいいよね?

上記の理由などで専業主婦になっても時間が無いのは変わりません。

それなのにこんなふうに言われるとイラっとします。

保育園に行かない子は発達が遅れる?

保育園に行かない子は発達が遅れる?

こう言われたことのある専業主婦さん、実は多いのではないでしょうか?

わたしは子どもをたっぷり遊ばせてあげたくて、天気の良い日は必ず公園に行くようにしています。

そこで、通りすがりのおばさまなどに言われるのです。

「保育園に行ってない子は発達が遅れるからね、たくさん遊んであげなきゃ」

びっくりですよね。

何度か言われたことがありますが、見ず知らずの他人が何を偉そうに…と思います。

専業主婦になって一番意外だったのが、この「保育園に行ってない子は発達が遅れる」と言われることです。

気にしないふりをして、実はけっこうショックだったりします。

子どもが1歳になってから周りのワーママさんが続々と仕事復帰し、子どもたちも保育園でたくさん遊んでいる。

専業主婦がひとりで子育てしていて、保育園児たちが毎日しているような体験を自分の子どもにもさせてあげられるだろうか?

実は保育園に預けた方が、子どもは充実した毎日を過ごせるのではないだろうか?

そんなふうに考えてしまいました。

今までは幼稚園に入るまでは親が子どもの側にいることが一番子どもにとって良いことだと思っていましたが、どちらも良し悪しがあって、簡単には決められないことなのだと知りました。

ただひとつ言えるのは、赤の他人に「保育園に行ってない子は発達が遅れる」なんて言われたくない!ということです。

旦那に頼れない

旦那の仕事が忙しくてなかなか頼れないのも専業主婦がしんどい理由のひとつですよね。

我が家も旦那が連日残業、帰宅が遅いので育児は完全ワンオペです。

たまにお風呂や寝かしつけをしてくれる旦那さんの話を聞くと羨ましいなあ…と思うことも。

 

専業主婦が意外としんどい理由は書き出すときりがありませんね。

とにかく言いたいのは「専業主婦だって戦っているんだ!」ということ。

こんな調子で専業主婦の日常やあるあるネタを更新していきますので、ちらっとでも読んで共感していただいたりストレス発散になったり何かの参考にしてくださったり、読者のみなさんのお役に立てればとても嬉しく思います。