専業主婦が私立幼稚園の4年保育に子どもを通わせるメリット

専業主婦が幼稚園の満3歳児クラス(4年保育)に通わせるメリット





こんにちは、こいぬママです。

私は専業主婦をしていますが、子どもを私立幼稚園の満3歳児クラス(4年保育)に入園させることを決めました。

子どもは1月生まれなので、満3歳児クラス入園時にはまだ2歳3ヶ月です。

幼稚園に通わせるのはまだ早すぎるかな?

子どもが私と離れて寂しい思いをしないかな?

などなど、たくさん悩んだ結果、やはり幼稚園に通う方がいいと判断しました。

いつから幼稚園に通わせようか悩んでいる専業主婦の方へ、私なりに感じた4年保育に通わせるメリットをお伝えします。

幼稚園選びの参考になれば嬉しく思います。



満3歳児クラス(4年保育)とは

まず初めに、満3歳児クラスとは何か説明します。

多くの幼稚園は3年保育か2年保育で園児を募集しています。

3年保育の場合は

  • 年少(3歳児)クラス
  • 年中(4歳児)クラス
  • 年長(5歳児)クラス

という呼び方をします。

2年保育の場合は年少クラスが無く、年中と年長のクラスになります。

4年保育の場合、年少クラスのさらにひとつ下のクラスが存在することになります。

呼び方は園によって違いますが、そのまま満3歳児クラスと呼ぶ所が多いようです。

満3歳児という呼び方が、ちょっとややこしいですよね。

私の子どもの場合は1月生まれなので、4月の入園時はまだ2歳です。

3歳になっていないけど入園できるの?

それとも3歳の誕生日を迎えてから入園できるの?

と、初めは疑問に思いました。

幼稚園にもよりますが、私の子どもが入園する園は3歳になっていなくても大丈夫でした。

3歳になる年度の子どもは全員が4月に入園できます。

4月生まれの子は入園してすぐに3歳になるけれど、3月生まれの子は2歳になったばかり…という、個人差を特に大きく感じるのが満3歳児クラスです。

友人の話を聞いていると、誕生日が遅い子は10月入園になる幼稚園もあるそうです。

詳細は入園を希望する園に問い合わせてみてくださいね。

4年保育に通わせるメリット

4年保育に通わせるメリットはたくさんあります。

親や天候の都合に関係なく遊べる

今年は外で遊ぶことができないほどの酷暑が続き、自宅育児の限界を感じました。

また、親の体調が悪いときは一日中家の中で遊ばせるしかなく、のびのび遊ばせてあげられないことを申し訳なく思うこともありました。

体調不良や家事が忙しくて構ってあげられない時、テレビを見せてごまかすこともありました。

幼稚園に通えば、親や天候の都合に関係なく遊ぶことができますし友達にも会えます。

友達や上級生と触れ合える

私の子どもは一人っ子で、近くにすぐ遊べるような友達もいません。

子育て広場や児童館に行くと他の子を興味深そうに観察したり、一緒に遊びたそうにします。

幼稚園に行って友達や上級生に触れ合って、色んな刺激をもらうことができます。

スイミングや音楽、英語など様々な授業がある

幼稚園のカリキュラムにもよりますが、スイミングや音楽、英語など様々な授業を受けることができます。

教育に力を入れている園はパソコンやフラッシュカードなどの時間もあるそうです。

私の子どもが通う園も英語やパソコンの授業があるのですが、遊び感覚で楽しく学ぶような内容が好印象でした。

遊びの延長で色んな学習をする園もあれば、小学校受験を視野に入れた授業をする園もあります。

そのあたりはしっかりリサーチすることをおすすめします。

親の時間が増える

幼稚園に通う一番のメリットと言って過言ではありません。

私は子どもが幼稚園に行っている間、在宅ワークの時間にあてようと考えています。

ママ友さんは、下のきょうだいの面倒を見るためにお姉ちゃんを4年保育に通わせることにしたそうです。

このように他のきょうだいがいる方も、4年保育を利用しています。

専業主婦だからできるだけ長く自宅育児をしなければいけない…と我慢することはないと思います。

少しでもママの負担を減らし、気持ちにゆとりをもてる方が子どもにとっても良い影響になります。


4年保育に通わせるデメリット

4年保育に通わせる唯一のデメリットは費用がかかるということです。

2019年10月から幼児教育・保育が無償化になりますが、対象は3歳〜5歳児

満3歳児は実質2歳なので無償化の対象外になってしまうのです。

しかし、年少クラスになれば無償化の対象になります。

1年分は幼稚園の費用がかかってしまいますが、子どもにとっても親にとってもメリットが多いので前向きに考えたいですね。

まとめ

2歳から幼稚園に通わせるなんてかわいそう。

4年保育に通わせることを決めたとき、親戚からそう言われました。

確かに、初めの間は幼稚園に行く前に泣かれると思います。

一人っ子の甘えん坊なので。

でも、母子分離活動などを経て、私の子どもは私がいない場面でも楽しく遊ぶ力があることを知りました。

幼稚園でも楽しく遊んで、たくさんのことを吸収してきてくれるでしょう。

私は子どもの可能性を前向きに信じることにしました。

幼稚園に通わせようと決める前は、少し寂しくも感じました。

ですが、幼稚園ですから14時すぎには帰ってきます。

子どもが登園してから家事を片付けたり仕事をしていると、あっという間の時間です。

子どもは幼稚園に行き、お互いが充実した時間を過ごした後で仲良くおやつを食べる時間があればOKなんじゃないかと思いました。

私は4年保育をとても前向きに考えています。

4月になって、私と娘が新しい環境でお互いに成長できることを楽しみにしています。

4年保育は早すぎるんじゃないかな?と迷っている方も、メリットはたくさんありますから前向きに考えてみてください!